『だからどうか独りだと泣かないで。』

『心の瞳に焼き付けて良いよ、過去を。』

写真:若松岳